タロットカード|数字の持つ意味、Part2 6~7

150102a

 

前回は数字の意味を知ることがタロットカードの解釈に役立つことを紹介した上で、数字の1から5を紹介しました。今回も引き続き6から10までの数字について詳しく紹介していきます。

1が始まり、2が調和、3が完了、4が物質世界の安定、5が制約からの解放でしたね。6から10までの数字には、一体どんな意味があるのでしょうか。

それでは早速、続きを見てみましょう。

6 : 平穏・思いやり・奉仕

6は思いやりに満ちた美しい数字です。

3が物質世界の完成を指すように、9は精神世界の完成を指します。

その中間である6に課せられた使命は、その二つの融合です。その為に6は、他者に尽くし慈しみ育む能力を与えられています。

数字の6が持つ、包み込むような柔らかなフォルムが、その性質を物語っているといえるでしょう。

6はまた美を表す数字でもあります。

この数字の影響下にある人は、その円熟した美しさで周囲を魅了します。そしてそれは外見の美しさと内面から溢れる輝きの調和によるものなのです。

癒し、回復、調和の能力で、物質と精神を繋ぐことが6が指し示すことです。

 

7 : 智恵・分析・自己鍛錬

長い間数字の7は幸運の数字とされてきました。ラッキーセブンという言葉を知らない人はいないくらいに浸透していますよね。

仏教では6道輪廻から解脱した境地、キリスト教では世界は7日で創造されました。

そのことから、7が物質世界からスピリチュアルな領域に交差する数字であることが見て取れます。

7の影響を受けるということは、成功というゴールそのものよりも、真に求めるものが何なのかを知り、心の声に従いたいと望みます。

そして自分自身を知り、必要なもの足りないものを学ぶ真摯な姿勢も持ち合わせています。そのことから7は智恵と知識、自己鍛錬の数字でもあります。

こうして見ると、7の幸運は智恵と努力によってもたらされるものだというのが分かりますね。

8 : 管理能力・指導力・責任

8は組織や権力の意味を司ります。

物質世界の安定を意味する4の倍数である8は、4よりも更に大きなスケールの維持が課せられています。

それを担うにはもはや自分だけの力では及びませんので、8は人材を育てていかなくてはなりません。その為に8には、高い管理能力や判断力と忍耐力が備わっています。

英数字の8はインフィニティブのシンボルに似て、永続を連想させます。それは繁栄が続くことの約束と、その為には周囲を育てていかなくてはならない責任を示唆します。

奇しくも日本の数字の八は末広がりと言って、やはり自分自身の栄華だけではなく、後の代にまで続く繁栄を表す数字です。

 

9 : 豊穣・奉仕・指導者

9はこれまでの努力が実り、刈り入れのときです。

仕事やお金などの物質的な豊かさと、愛と信頼から得られる精神的な豊かさ。双方の大切さを知り、調和が取れています。

精神的にも物質的にも十分に満たされているので、それを他者に分け与えることができます。

その為9はヒーラーとして他者を癒したり、リーダーとして他者を導く資質を兼ね備えていることになります。

8にとっての義務は、9にとっては望みとなるのです。

 

10 : 始まりと終わり・行程・新たな機会

数秘術において10は1+0=1とされます。その為10は物事の終わりであり始まりでもあります。

物事には順序があるため、終わりに到達するということは、それまでには行程があったということになります。

10は始まりから終わりまでの行程を振り返り、新たな始まりの為の糧とします。

望みどおりの結果を得た人も、望まない結果に終わった人もいることでしょう。

けれど10はそれらの結果を受け止め、学び、次へ生かす準備をするときなのです。そして10には、新しい始まりの扉が準備されているのです。